むし歯や歯周病と口臭の関係について

まず、むし歯が原因の口臭について書きます。むし歯は小さいうちは口臭の原因にはなりません。キラハクレンズを使って口臭ケアとホワイトニングした私の口コミ!

大きくなって穴に食べ物がつまって歯みがきでうまく取れない状態になれば、口臭の原因になってきます。そして最も口臭が気になるのは歯の神経が死んで歯根の先に膿が貯まる現象です。急性症状を起こせば歯茎が腫れて物凄い痛みを起こすので、誰でもわかるのですが、慢性症状のみで痛みがなければ、わからないことも多いのです。

次に歯周病が原因の口臭について書きます。歯周病も初期の段階では口臭の原因とはなりません。中等度に進行して歯周ポケットが深くなり、歯みがきで汚れが完全にとれない状況になると口臭が気になりだすのです。更に進行して重症化すると歯茎から膿が出る状況になり強い口臭に悩まされることになります。

むし歯と違って歯周病は強い痛みを伴う自覚症状が出ない事が多いのです。よって、定期的に歯科医院で歯周病健診を受けないと発見できません。強い痛みや硬いものが噛めないという自覚症状がでたら、だいたい手遅れで抜歯しか治療手段がなくなります。

歯周病が原因の口臭を予防する為には、ちょっとした自覚症状を見逃さないことが大切です。痛みではないが違和感があったら迷わず歯周病健診をうけてが早期発見・早期治療が唯一の方法となります。