ホーム » ダイエット » エネルギー摂取量と効率的なエネルギー燃焼方法

エネルギー摂取量と効率的なエネルギー燃焼方法

ダイエット方法には色々あるが、基本的には摂取カロリーより消費カロリーを大きくすることで既に蓄えられている脂肪をエネルギーとして消費することである。
食べ物に関して言えば体を動かすエネルギーになるのが炭水化物であり、車で例えると炭水化物はガソリンの様なものである。

リゲイントリプルフォースのレビュー!

ただし、車と異なるのは人間が炭水化物を摂取しすぎると脂肪として蓄えてしまうことである。そのため、炭水化物は米やパン、糖類などに含まれており、大量に摂取することを控えることがダイエットの1歩であり、炭水化物は普段口にしやすいためダイエットの天敵である。一方で、極端な食事制限は体を壊すことになり、全く取らないことで疲れやすくなったり病気になりやすかったりという影響もあることから適度な摂取は必要とされている。

 消費するカロリーを増やすことの1歩としては柔軟体操(体を柔らかく)と筋トレである。体のエネルギーを消費するのは筋肉であり、柔軟体操することで体の可動域を広げることで筋肉の動きを大きくなり、筋肉のエネルギー消費量が多くなる。併せて基本的な筋トレとして腕立て伏せや腹筋運動、スクワットなどできることから徐々に始めよう。

人間の体で一番大きな筋肉は太腿でありレッグカールなど自重トレーニングから始めてみよう。また、体を効率的に動かす方法としてはウォーキングやジョギングである。脂肪の消費は体を20分以上動かしことで燃えると言われているため筋トレからウォーキングやジョギングに繋げて20分以上のエクササイズを心がけよう。少しレベルを上げると空腹時が脂肪を燃やしやすいことから朝起きてから水分を摂取し(水をグラス1杯程度)、

ウォーキングやジョギングをすることがダイエットに効果的である。相乗効果として朝起きてから体を動かすことで一日の新陳代謝が上がることから日中のエネルギー消費にも繋がる。