ホーム » スキンケア » 摩擦と肌のダメージの関係

摩擦と肌のダメージの関係

保湿効果が高いスキンケア商品を使ってみたり、肌質改善のためのサプリメントを飲んでみたり、肌をよりよくするため工夫はしてみるもののなかなか効果を実感できずにいました。

ととのうみすとの効果を暴露!アラサー女子の本音口コミ体験談!

そんなとき美肌の知人に聞いた、なるべく肌に対する摩擦を控えるという方法を実践してみることにしました。洗顔は泡を多く作って泡で洗う、洗顔後はタオルを使用せずにティッシュを使用する、睡眠時の枕カバーはシルク製のものにするなどでした。

費用はそこまでかからず今までしていたことに置き換えるだけなのでほんとにこれだけで・・・?と始めたころは正直半信半疑でしたが効果はすぐに実感することができました。特に効果を感じたのが枕カバーをシルク製にすることでした。今まではタオル地のものを使っていましたがシルク製のものは肌さわりがよく布こすれが少なく感じました。

また髪への布こすれによるダメージも減らすことができました。睡眠時間は平均6~8時間程度で、人間の生活の中で多くを占めています。

多くの時間を使っている睡眠時間にスポットを当てて改善することで寝ている間でも肌質改善することができます。また使用していたものを置き換えるだけなので新たに何かを始めたりなど負担も少なく始められるためハードルも高くないと思います。